Skip to content

とある日の実験!(もしくはキャサリン)

《ブログ番外編》※これまでの稽古を振り返ってみました。

 

さあ1幕2場をやるぞ!
とメンバーが思った矢先。
「はい、キャスト変えて実験します」と演出。

え、どうゆうこと!?

ちなみに、1幕2場とは劇中のシーンごとの呼び方で、
このシーンはスチュワートの賭けのシーン、実質物語の始まりとも言えるシーンです。
なので、特に力を入れているシーンなのですが。

困惑するメンバーをよそに、ぱぱっとキャスト変更を指示していく演出。

普段はお目にかかれないキャストでの2場!
しかも「ご自由にどうぞ」と!

これはわくわくする!笑
さあ新しい2場の開幕です!

「だから、我が偉大なるローマは再び建国されるか…」
いつもとは違うウィリーの第一声。なるほど新鮮!

「なんなの?」
とエレンちゃん!可愛い!可愛すぎる!

そこで「狼育てられたという…」と渋いスチュワートの登場!滲み出る包容力!

「また発見されたの?」
少し戸惑いを見せるキャサリン!なるほど、ナチュラル!

「カルパチアの山奥ですって」
フレッシュなイザベラ!また違った知的さを見せます!

何度と繰り返されたシーンですが、本当に新しい風が吹いていく。

 

 

いやー面白いなぁ、って見てると…

「人間になる!?…ひっく!」
とビクトール男爵。
ええ!?男爵酔っぱらちゃってるの!?

登場人物たじたじ…
新しい風どころか大嵐…。

いつもは紳士な男爵が、ソファ(ここでは代わりのベンチ)に足置いて座ってる!(写真3)

しまいにゃ寝そべる!
スチュワートは座れず追い出される…笑

傍観してると…

 

 

絡まれる!!笑

エレンちゃんにも絡む!
エレンちゃん怒って退室!

普段はクールなWキャサリンが

 

 

片や酔っ払い…
片やぷりぷり怒って居なくなる…
この芝居どうなる!?
狼少女を無事迎え入れられるのか!?
波乱の2場!!
(そしてギャラリーは爆笑の渦)

て、ところで終了。
ちょっと最後まで見たかったので残念でしたが。(きっとWキャサリンはどんな嵐を起こしても、辻褄を合わせたでしょう。)

これ、ふざけてる訳ではないのです。
こうやってキャストを変えて実験することで、他の切り口からセリフを読み解いたり、相手の気持ちを理解したり、色々な気付きになるのです。
なので、今までも相手役をしてみたり、
キャストを交代してみたり…。

にしても、面白かった!
その場に居ないメンバーにも見てほしくて録画してたのに、
キャサリン姉さんにカメラ渡してるうちに消されちゃってました…
もぉ!

と、愚痴は置いといて。
こんな風に一ヶ月切った今でも、いや、一ヶ月切ったからこそ、
色々なチャレンジをしております!!
(このブログは消されませんように)

最初のコメントを書きませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上へ戻る