Skip to content

東京じゃなく,岡山で!

先日、ボランティアでスタッフの仕事を引き受けてくださるKさんが,顔合わせに来てくださいました。ミュージカルの稽古をキラキラした目で高校生の娘さんとともに見てくださっていた彼女。自らを「ガラスの仮面世代」といわれ,岡山で,東京じゃなく岡山で,その「ガラスの仮面」の作中劇を創作できることへの大きな期待を熱く語られました。そうです,こんなにファンがいるんです。「ガラスの仮面」には!
私たちには大きな後ろ盾があるわけではありません。
ただの演劇好きが集まって,縁あるプロの,しかも若手の演出やバイザー,俳優と共に,この世にたったひとつの奇跡の舞台を創ろうとしています。
情熱というチケットのみ手にして。
その無謀なチャレンジにチャンスを与えてくださったアカルプロジェクトと美内すずえ先生。
そう,岡山だからできることを,私たちは,誠実に,心をこめて,追究していきます。
どうか、その奇跡の誕生の瞬間を、見届けに来て下さい❗
ここ、岡山に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

One Comment

  1. あっつ あっつ

    胸が熱くなる思いのこもったメッセージ、グッときますね!ほんとうに楽しみになって来ました。これからも見守って行きますよ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

上へ戻る